高血圧とは

高血圧を放置するリスクとは?20・30代の若い人でも痩せていても多い高血圧の改善方法。薬は良くない?

kouketsuatsu

20代・30代と若い年齢であっても血圧が高い人はいます。

また、太っている人は血圧が高いというイメージがあるかもしれませんが、痩せている人でも血圧が高い人はいます。

 

私も身長175cm・体重65kgと、いたって普通の体型。

でも、20代の頃から健康診断で血圧を測ると大体が1回目は上が140ぐらい、2、3回測り直してやっと130代に収まる、というような状態でした。

ただ、理研ビタミン「わかめペプチド 粒タイプ」サプリを飲みながら、同時に生活習慣を見直して気を付けるようにしたところ、血圧を下げることができました。現在はサプリもストップしましたが120代で安定しています。

 

ここでは、そもそも高血圧って何なのか。そのまま血圧が高いまま放っておくとどんなリスクがあるのか。そしてどうやって改善していけばいいのか、などについて紹介していきます。

>>高血圧改善には、わかめペプチドサプリがおすすめな理由

 

そもそも高血圧ってどういう状態?

高血圧は、生活習慣病の中でも最も多い疾患と言われており、日本人の約4000万人、3分の1もの人が高血圧といわれています。

年齢によって血圧は高くなるため、高齢の人の割合が多いとはいえ、若くても体質などから高血圧の人も決して少なくありません。

 

そもそも血圧とは、その名の通り、血液が血管の壁を押す圧力のこと。

その圧力が強くなると、つまり高血圧になると、血管にダメージを与え、血管が傷つくことになります。

最近は「血管年齢」というものもありますが、傷ついた血管は当然状態が良くないので、血管年齢も高くなってしまいます。
血圧が正常な人よりも、早く血管が傷ついて衰えていってしまうということです。

 

▼血圧とは、血管にかかる血液による圧力

kekkan1

▼高血圧の場合は圧力が強く、血管がダメージを受ける

kekkann2

血圧が高くなる原因

高血圧の原因は、大きく分けると、遺伝によるものと生活習慣によるものが大半といわれています。

生活習慣が悪くても全く血圧が正常な人もいれば、ある程度生活に気を付けているのに血圧が高いという人もいるので、やはりもともとの体質・遺伝によるところは大きいのかなと思います。

また、上で紹介したように、動脈硬化とはコレステロールが血管にたまって詰まってしまうような状態なので、やはり肥満の方は血圧が高くなる傾向があるようです。

 

ちなみに、「血圧が高い」というのはどれぐらいの数値を指すのかについてですが、
日本高血圧学会では、正常な血圧の基準値として、最大が130代、最少が85未満と定められています。
つまり最大血圧が140以上になれば高血圧ということ。

 

ただ基本的には年齢とともに血圧は高くなっていくもののため、全員同じ基準にするのではなく、最大血圧を年齢+90程度を基準にして考えればいいという専門家もいるようです。

40歳であれば、40+90で、130代には抑えておきたいということですね。

 

高血圧を放っておくとどんなリスクがある?

血圧が高いまま過ごしていると、血管が常に強いダメージを受けている状態。

そのせいで血管に柔軟性がなくなり、もろくなってしまい、「動脈硬化」になってしまいます。
動脈硬化は、血管の壁にコレステロールなどがたまり、血液のスムーズな流れを阻害してしまう状態。

そして動脈硬化が進行すると、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞、腎不全、糖尿病など、脳や心臓、腎臓などの重大な病気につながる危険があるのです。
これらは癌に次いで多い日本人の死因でもあります。

doumyaku

ただ、逆にいえば、高血圧を改善すること・血圧を下げることは、脳・心臓・腎臓の病気の予防になるということ。

実際、血圧を10mmHg下げると、脳卒中の危険は約40%下がり、心筋梗塞の危険は約20%下げることができるといわれています。

 

血圧を効果的に改善する4つの方法

そして肝心な血圧を改善する方法についてですが、
例えば上が180など、あまりにも血圧が高い場合は病院へ行き降圧薬治療などを行う必要があります。

ただ、多くの場合は食事や運動など生活習慣を改善していくことで血圧を下げることが可能です。

というか、本来なるべくなら薬は使わないほうが良いとも言われます。

 

それは、薬によって血液の圧を大きく下げるため、血液が流れる力自体も弱くなってしまい、血液が全身にまんべんなく行き届きにくい状態になってしまう可能性もあるため。そうなると、血圧は下がったとしても、今度は別の不調が出てきてしまうこともあります。

よほど血圧が高い場合は一時的に薬を使うのも仕方ないですが、基本的には生活習慣を見直していくことと、薬ではなくサプリを補助的に摂っていくのがおすすめです。

 

私がサプリの摂取と同時に実践した高血圧の改善方法としては、詳しくはそれぞれまた別で紹介しますが、大きく分けると

  • 食生活を変える(塩分を抑える・糖質を抑える)
  • 適度な運動(ウォーキング程度でもOK)
  • 生活習慣(日常生活の中で行える簡単なことです)
  • 血圧の計測習慣(これは意外と大事)

の4つです。

よく聞く内容ばかりでめんどくさいと思われるかもしれませんが、私が実践したのは、ひとつひとつはかなり簡単なことばかり。

別に食事も外食やコンビニのごはんだって大丈夫です。ただ気を付けるポイントを抑えておく必要はあります。運動や生活習慣も、いつもの生活をちょっと変えたりひと工夫する程度のことなので、実践しやすいと思います。

特にまだ年齢が若い方(20~40代)であれば効果が出るのも早いと思います。

軽度の高血圧対策にはサプリがおすすめ!

わたしは、20代で140台後半の高血圧だったところ、サプリを飲み始めて4か月後以降、120代台で安定するようになりました。

高血圧が気になっている方はぜひ「わかめペプチド粒タイプ」を試してみてください。

おすすめ3大ポイント
  1. 高血圧を下げる成分を含む「機能性表示食品」
  2. 飲みやすくて続けやすい粒タイプ
  3. お試しパックは2週間分が500円というコスパの良さ

わかめペプチド粒タイプの口コミ・評判をチェック