わかめペプチドの「機能性表示食品」とは?「特定保健用食品(トクホ)」との違いは

dav

理研ビタミンのわかめペプチドは、「機能性表示食品」という表示が付けられたサプリです。

これは、ちょっと混同しやすいのですが、最近ペットボトルのお茶などでもよく登場する「特定保健用食品(トクホ)」とはまた違うもの。

それぞれの特徴や違いについてまとめました。

 

「特定保健用食品(トクホ)」とは?

まずは、CMなどでも耳にする機会が多くなってきた「トクホ」について。

これは、消費者庁が許可し、許可されたことを示すマークも付けられたもの。
商品パッケージには「特定保健用食品」と表示されています。

許可を受けるためには、人体での試験を実施しその機能が有効であるという科学的な根拠を示す必要があります。

 

例えば、スーパーやコンビニなどでもよく見かける「特茶」「ペプシコーラ」などは、このトクホとして認められた商品ということですね。

 

「機能性表示食品」とは?

一方、理研ビタミンのわかめペプチドも該当する「機能性表示食品」について。

これは、自社の科学的根拠に基づいて、その食品に「特定の機能・効果がある」と表示することができる食品のことです。

理研ビタミンわかめペプチドの場合でいえば「血圧を下げる効果がある」と表示することができる、ということ。

 

違いが少し分かりづらいのですが、トクホのように国(消費者庁)の審査を通して認可を得たものではなく、開発元の責任において消費者庁に届出を出し、それが認められた場合に表示することができるということです。

なので、その機能について国が保証するものというわけではありませんが、とはいえトクホと同じように人体での試験を行い科学的根拠に基づいて機能をうたっている商品で、消費者庁お墨付きの食品であることには変わりありません。

 

ある意味、自社の責任で「効果がある」と堂々と表示するわけなので、それだけ自信を持っている商品だといえるかもしれません。

 

まとめ

「特定保健用食品(トクホ)」と「機能性表示食品」、どちらも科学的根拠に基づき、安全性試験もクリアした上で、効果を表示する許可を得た食品です。

サプリの場合でも、これらの表示があると安心できるのではないでしょうか。


高血圧改善にはサプリがおすすめ

高血圧を改善するには、「わかめペプチドサプリ」の摂取と食事改善・適度な運動を同時に行うのがおすすめです。
>> わかめペプチド粒タイプの効果・口コミ